« 明けまして日本海 | トップページ | アジアンフリート 台湾侵攻 »

2012年1月 9日 (月)

「清明上河図」を見に行った。

この週末、久しぶりに上野の博物館へ。
東京国立博物館の「北京故宮博物院200選」を見に行って来ました。
Dsc_0185

日中国交正常化40周年を記念しての特別展ですが、何と言っても凄いのが「清明上河図(セイメイジョウカズ)」が展示されること。
これは神品とも言われる程の、中国美術品の中でも国宝中の国宝。過去、一度も国外に貸し出したことの無い名品なのです。
うちの親父に言わせると、日本で言えば「百済観音」を貸し出すようなものだとか。

ご存知の人も多いとは思いますが簡単に説明しますと、今から約900年前、北宋の時代に、首都開封の街のにぎやかな様子を事細かく描いた絵巻物です。
とても克明に描かれており、美術的価値のみならず、当時の風俗を知る貴重な史料としても歴史的価値が高いものです。

またその来歴にも謎が多く、永い歴史の間には何度も盗まれたり行方不明になっています。
一番最近では、ラストエンペラー溥儀が紫禁城より持ち出し、満州国の新京(長春)へ移します。しかし終戦時にこっそり日本へ持ち込もうとして失敗。
溥儀は捕らえられ、それ以来1950年に瀋陽で偶然発見されるまで行方不明になっていたという代物です。

北京でも滅多に公開されることが無いので、この機会を逃してなるものかと出かけて参りました。
昼過ぎに到着したら既に180分待ちの看板が。くじけずに列の最後に並びます。

展示室の一番奥にある「清明上河図」の為だけの行列が展示室の外に別に並ばされている状態でした。
3時間近く並びましたが、二人で行ったので交代で並びながら他の展示も見ることができました。

実物は思った以上に精密で、紙幣の肖像画の細かな絵をさらに細かくした感じです。
しかし良く見てみると、とても表現豊かに描き込んであり精密なだけの絵では決してありません。
とにかく圧倒的な緻密さで描かれており、本当に見ていて飽きませんでした。
くすんだ色合いかと思ってましたが、実物はうっすらした緑が草木の絵に施されていて、光沢すら感じさせる不思議な色合いを感じました。
休日ですと行列必至ですが、長時間並ぶ以上の価値があります。ご興味のある方は是非上野まで足を運んでみて下さい。

ただ気をつけて頂きたいのですが「北京故宮博物院200選」は2月19日まで開催してますが、「清明上河図」は1月24日までしか展示されません。
お早めに。

« 明けまして日本海 | トップページ | アジアンフリート 台湾侵攻 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「清明上河図」を見に行った。:

« 明けまして日本海 | トップページ | アジアンフリート 台湾侵攻 »

最近のトラックバック

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
無料ブログはココログ